怒涛の新刊ラッシュ~!

(コメント)

先ほど、釣りがお好きという某社営業マンSさんから、昨日の「受二郎」の記事へのお褒めの電話を頂戴いたしました。
地味~にやってるブログなので、思わぬ励ましのお言葉、大変励みになりました。
ありがとうございました。
これからもフレッシュなお店情報と生ぬる~いBLネタを探してがんばります! 
応援よろしくお願いいたします。

さてさて、今日の午後入荷分、お店に並んでおります!!
(ご紹介の書籍はすべて税込価格です)


まずは竹書房・ラヴァーズ文庫。
ラヴァーズ

●『DOG DAYS ~犯罪心理分析官の受難~』 作者:森本あき イラスト:わかな 定価:620円
米国のFBI採用試験に落ちた涼二は、警視庁で一番暇な部署、特別捜査課に配属される。そこで回ってきた初仕事が2件の殺人事件。犯人を追ううち、涼二は、純粋で素直な性格だった同僚・虎之助の様子が豹変していくのに気がついた。猟奇的に変貌した虎之助に捕らえられ、「口止め」と称して、プライドと共に肉体を陵辱された涼二に明かされた真実とは……?
●『利息は甘いくちづけで』 作者:いおかいつき イラスト:國沢智 定価620円
華奢な見かけとは裏腹に陰で闇金業を営む綾木は、罠にはめられ、清洲組の幹部・根津に追われることに。綾木が暴力には屈しないと悟った根津は、綾木の屈辱を煽る手段に出る。翻弄されながらも根津から逃れるための策を練り、もがく綾木だが……。闇で繰り広げられるラブ&マネーの駆け引きは!?

今回のラヴァーズ文庫はハード路線ですね~。ワクワク♪

そして二見書房・シャレード文庫。
シャレード

●『ラブガードは終わらない』 作者:甲山蓮子 イラスト:宝井さき 定価:650円
PPS警備会社・特殊警護室室長の磯崎は、社長の東野と八年来の愛人関係にある。一方で仕事相手のヤクザ・辻とは情報と引き替えの爛れた情事を愉しむ日々。そんな磯崎のもとへ、新人SP的場が配属されてる。贖罪を求めながら、男に抱かれることでしか自分を罰せない美貌のSP磯崎に、救いの日は訪れるのか?
●『花嫁は開発室長(3)』 作者:早乙女綾乃 イラスト:天音友希 定価:650円
優秀なエンジニアである高城玲司は、サイクロン社の社長・常磐薫と秘密の夫婦生活を送っている。しかし、その関係が取引先の御曹司であるアレクにばれてしまう。亡き兄そっくりの常磐を敬愛するアレクは、高城を脅して二人を別れさせようと目論むが……。社長×開発室長のハード・エロティック・ラブ第三弾☆
●『黒い天使の甘い契約』 作者:森本あき イラスト:日向せいりょう 定価:650円
超絶不幸体質で、最後の肉親である姉まで亡くした月彦の前に現れたのは、全身黒ずくめの悪魔のような大天使バラキエルだった。悲しみに打ちひしがれる月彦に、バラキエルは三つの願いを叶えてくれるという。はじめは訝しんでいたものの、彼の不思議な力に癒され、次第に心を開いていく月彦。なのに「じゃあ、願いを叶える前に、まずはセックスするぞ」――って!? 

シャレード文庫さんは、中身ももちろんのこと、いつも帯に力入ってますよ。

乳首……雌犬……俺の妻……

ぜひぜひ、実物をご自身の目でたしかめてくださいね!

お次はワンツーマガジン社のアルルノベルス。
アルル

●『禁断ロマンス』 作者:妃川蛍 イラスト:朝南かつみ 定価:900円
 財界に名を誇る鬼柳院家の次男・咲人は、社命でロシアに赴く。決して失敗できないプロジェクトを担った咲人は、ロシアマフィアのボス・アランに協力を仰いだ。闇を纏う悪魔のような男は、清廉な姿勢を崩さない咲人に愛人契約を提示する。気丈な態度で脆い心を隠す咲人は、愛された記憶のない空虚な心を埋めようと男に全てを曝すが……。
●『めまぐるしく めくるめく』 作者:桂生青依 イラスト:六芦かえで 定価:900円
欧州小国で暮らす学生の四季は、暴漢から助けてくれた謎の青年・領一を忘れられずにいた。もう逢う事もないと思っていたのに、住み込み家庭教師として四季の前に現れたのはなんと領一で!? 彼に次第に惹かれていく自分の気持ちに気づいた時、四季は領一の別の顔を知ってしまい!?
●『幾千もの夜の秘めごと』 作者:華藤えれな イラスト:梨とりこ 定価:900円
 中東の産油国ラタキアで、王子イドリスと兄弟のように育った惺は、ある陰謀に巻き込まれ彼を傷つけたまま国を追われた。8年を経て、彼の元に護衛として招かれた惺。しかし、人が変わってしまったようなイドニスは「再会を祝い、今夜の伽を命じる」と、美しく微笑み……!?

今月のアルルノベルスは、すべてロマンチックな異国モノ。
ロシア、ヨーロッパ、中東。あなたのお好みはどのお国かしら?

そして、イースト・プレスのアズノベルズ。

●『極道はスーツを愛玩する』 作者:中原一也 イラスト:小山田あみ 定価:892円
雑誌の取材を受けたテーラーの榎田は、取材後、同席したカメラマンの立野から、極道の恋人がいることをネタに強請られる。卑劣な脅迫などには屈しないと、恋人・芦澤には相談せずに立野の要求を突っ撥ねたのだが……。その夜、事の真相を知った芦澤は立野にある取引を持ちかける!

キャッチコピーは、「芦澤さんは、虎より危険です
ああ、今回もどんなキチクなプレイが!!


そしてみなさまお待ちかね!
新書館の『志水ゆき全集(6)LOVE MODE(6)+レシピ 』 定価:998円
 
バーズ

『LOVE MODE』完結篇と、シリーズ最後の読み切り『LOVE UNLIMITED』など、コミックス初収録の読み切り2本を収録!
官能的な恋を描く『レシピ』シリーズも併録した、『志水ゆき全集』第一期最終巻!!

入ってますよ~、積んでますよ~!!
お待ちしておりますよ~♪

そしてそして幻冬舎コミックスも!

ボーイズラブ系では

●『世界は僕らのために(2)』作者:神奈木智 イラスト:桃月はるか 定価:700円
人気連載の完結巻。皇子のボディガード・グレン×他国の亡命王族の生き残りシファの切ない番外編も収録。
●『メランコリック・メローメロー』 作者:大槻ミゥ 定価:620円
 先輩後輩の間柄のユウタとマドカ。ワガママなマドカに振り回される毎日のユウタだったが、ある夜、マドカに突然襲われてしまい…!?

アニメ化が決定した星野リリィさんの『おとめ妖怪 ざくろ(4)』定価:620円もございます!

バーズ2

人気の木々さん、紺野キタさんの新刊も出てますよ~!

まだまだいきます!
ふゅーじょんぷろだくとのほのぼの学園4コマ
つむらちたさんの『君は男の娘。』定価:714円
男の娘

そして同じくふゅーじょんぷろだくとのBLアンソロジー『Baby vol.13』。
今回は、世界に飛び出せ! アラブ・エジプト特集だそうですゾ。
室井理人さんの色っぺぇ表紙がたまりませんね!
Baby

ふううう~。
怒涛の月末新刊ラッシュ。
みなさまの心の琴線に触れた作品はありましたでしょうか?

ぜひお買い物は、芳林堂書店コミックプラザで!
お待ちしておりま~す。
現在未評価

コメント

検索

最近のツイート

  • ホーリンラブブックス

    ホーリンラブブックス @horinlovebooks

    <!速報!>著者サイン本販売が大決定‼️ ✨「奪って満たして 僕のニーケー」kanco先生✨ 【先着】受付期間:2018年8月16日(木曜)12:30~販売スタート♪ https://t.co/uHkhAIgE2b https://t.co/STh4skIxTE
    3 日, 20 時間 前

  • ホーリンラブブックス

    ホーリンラブブックス @horinlovebooks

    <!まもなく開催時間です!> ✨椋太郎先生「みんなはじめての癖に」WEBサイン会✨ 【先着】受付期間:2018年8月10日(金曜)12:30~ https://t.co/PiRoiez66g 8月10日リリースの最新コミ… https://t.co/V346y69HQE
    5 日, 2 時間 前

  • ホーリンラブブックス

    ホーリンラブブックス @horinlovebooks

    <!本日開催!> ✨椋太郎先生「みんなはじめての癖に」WEBサイン会✨ 【先着】受付期間:2018年8月10日(金曜)12:30~ https://t.co/PiRoiez66g 8月10日リリースの最新コミックス「みんなは… https://t.co/PPWLTOgBP6
    5 日, 5 時間 前

  • ホーリンラブブックス

    ホーリンラブブックス @horinlovebooks

    <!速報!限定特典が大決定!> ✨「いとしいひと 」佐久みのり先生 ★限定モノクロ・ラフ画ペーパー付き!★ https://t.co/BgbO4LdmvO 当店限定で貴重なラフ画のペーパー特典が決定いたしました‼️ 絵柄など… https://t.co/CiK0DLRQZ0
    5 日, 22 時間 前

  • ホーリンラブブックス

    ホーリンラブブックス @horinlovebooks

    ホーリンラブブックス

    <!速報!限定特典が大決定!> ✨「いとしいひと 」佐久みのり先生 ★限定モノクロ・ラフ画ペーパー付き!★ https://t.co/BgbO4LdmvO 当店限定で貴重なラフ画のペーパー特典が決定いたしました‼️ 絵柄など… https://t.co/CiK0DLRQZ0
    5 日, 22 時間 前

最近の投稿

アーカイブ

2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010

カテゴリー

著者

フィード

RSS / Atom